注意点

しじみエキスにも効果はある?

しじみエキスとは、しじみに含まれる有効成分だけを取り出して凝縮したもののこと。
よって、これを摂取することによって期待できる健康効果を、しじみエキスの摂取によっても同じように期待できる。
これには様々な健康効果があるオルニチンが含まれていることで知られているが、一粒当たりの含有量はごくわずかである。
そこでしじみエキスを有効活用するのだ。

これには様々な有効成分が含まれている。
代表的なものは以下の通りだ。
オルニチンには肝機能向上に効果が高い。
アセトアルデヒドの分解をサポートし、肝臓の働きを活発化したり、有毒物質であるアンモニアを分解したりする。
アセトアルデヒドは二日酔いの元であり、アンモニアが分解されずにいると疲労が溜まりやすくなったりしてしまうのだ。

タウリンにも肝機能を向上する効果がある。
また乳酸の発生を抑制する働きもある。
乳酸も筋肉疲労の原因となる物質なので、疲労回復にも効果的と言える。

ビタミンB群も豊富に含まれている。
これらは免疫力を強化したり、貧血、動脈硬化予防にも効果的なことで知られている。
亜鉛はコラーゲンの生成を助け、毛髪や細胞などの新陳代謝を活発にする。
これがシワや抜け毛予防に対して効果的に働くのだ。

しじみに含まれる成分が体に有効に働く為に必要なだけ摂取しようとすると、1日当たり200g程度のものを食べなければならない。
それだけの量を毎日続けて食べていると、その過剰摂取による副作用が表れる恐れがある。
それは鉄過剰症や、カルシウムの摂り過ぎによる結石などだ。

その予防の為にも、しじみエキスが開発されたのである。
近年、各社から様々な特徴を持つしじみエキスが続々発売されている。
しかし、このしじみエキスは家庭で作ることも可能なのだ。

砂抜きしたものをたっぷりの水で煮込む。
途中アク抜きしながら15分ほど煮たところで、身を取り出す。
この時取り出した身の中にもミネラル分は含まれているので、味噌汁などに使用すると良いだろう。

身を取り出した後の汁を1度濾してから、再度弱火で火にかけて煮詰めていく。
そうしてとろみがついてきたら自家製しじみエキスの完成だ。
瓶などに入れて冷蔵保存することができる。
こういったしじみエキスなども合わせながら、その有効成分を必要量摂取していけばいいのである。

Copyright(C) 2013 体に良い貝類の食べ物 All Rights Reserved.