注意点

妊婦さんでもしじみは摂ってOK?

様々な栄養素が含まれ、健康効果の高いしじみ。
しじみの中にはカルシウム、鉄分、亜鉛など妊娠期に必要となる栄養素も多く含まれている。
しじみオルニチンは健康に欠かせない成分だが、妊娠期にしじみを摂取することは、胎児・母体にとって悪影響が出ることはないのだろうか。

生の魚介類や、マグロなどの大型魚などを妊婦は控えた方が良いという話を聞いたことがある方は多いのではないだろうか。
それには、いくつかのきちんとした理由がある。

まず、生の魚介類。
加熱処理されていない魚介類には、まれにノロウィルスが付着していることがある。
ノロウィルスに感染すると嘔吐、下痢などを引き起こし、特に下痢は子宮収縮を引き起こすこともある為、早産や切迫流産の危険性が出てくるのだ。
次に、マグロなどの大型魚。

魚にはDHAが含まれているから摂取した方がいい、と言われることが多いが、大型魚においては別だ。
それは、大型魚は食物連鎖の頂点に近いところにいる為、体内の水銀含有量が他の魚に比べて多い為だ。
妊娠していない時であれば全く問題にならない量ではあるが、妊娠中は母親が摂取したものがそのまま胎児にむかう。

胎児は水銀を排出する機能が未熟な為、体内に蓄積して悪影響を及ぼす。
その為、大型魚は妊婦へはあまり進められていない。
多くても週2回程度までに抑えておく方が良いだろう。

では、しじみが母体に与える影響はどうなのだろうか。
しじみからもノロウィルスへ感染する恐れはもちろんある。
しかし、ノロウィルスはしっかり加熱処理することで、死滅させることができる。
しじみを食べることにも注意が必要なのだ。

しじみは生のままだとビタミンB1を分解してしまうアノイリナーゼという酵素があるので、基本的には生食はしない。
味噌汁などで火を通して食べるのが一般的だ。
よってしじみからノロウィルスに感染する可能性は非常に低いと言える。
それでも心配な場合は調理の際にしっかり火を通すことを意識すると良いだろう。
前述のようにしじみには妊娠期に特に必要な栄養素がバランスよく含まれているため、日々意識して摂取すると母体の為にも胎児の為にもなるだろう。

Copyright(C) 2013 体に良い貝類の食べ物 All Rights Reserved.