注意点

しじみを摂るときの注意点

しじみは疲労回復、肝機能や免疫力向上、美肌効果などさまざまな健康効果があることで知られているものだが、その摂取において注意すべき点はあるのだろうか。
まず、しじみといえば味噌汁など加熱して食べるのが一般的だ。
これは、生のものにはアノイリナーゼというビタミンB1を分解する酵素が含まれている為だ。

また、もし生食したとしても、しじみのように過食部分が小さいと十分に汚れを流しきることが難しいので、食中毒などの危険性もある。
これは加熱して食べるのが良いということだ。
また、オルニチンやタウリン、亜鉛、鉄、カルシウム、ビタミンB群など体に有効的に働く栄養素が多く含まれるものだが、こればかりを毎日食べているとそれによる副作用が出ることがある。

鉄過剰症やカルシウム過多による結石などだ。
他にも、味噌汁にすることの多いしじみだが、毎日味噌汁を飲んでいると、塩分の取りすぎという事態にもなってしまう。
そうした事態を防ぐ為にも、これだけでなく、その栄養素がバランス良く含まれたサプリメントや、しじみエキス等を活用することが大切となる。

では、サプリメントやしじみエキスからの副作用はないのだろうか。
その過剰摂取で心配される鉄過剰症だが、しじみエキスやサプリメントではその商品によっては鉄分の配合が抑えられている場合がある。
個人の体調に合わせて、各社から発売されているオルニチンサプリメントやしじみエキスを選ぶと良いだろう。

また、オルニチンやタウリンなど、しじみに特に多く含まれる有効成分だが、これらは重篤ではないが副作用は存在する。
しかし、サプリメントには摂取目安量の表示がされており、それを明らかに超えての摂取でなければ、健康に問題が出るほどではないのだ。
参考までに、オルニチンの副作用は肌荒れ、胃腸不調など。

タウリンの副作用は、まれに吐き気や下痢が起こることなどが挙げられる。
健康維持にもしじみは有効的だが、それだけを摂取し続けるのでは体に悪影響を及ぼしてしまう場合もある。
そのため、しじみオルニチンがバランスよく配合されたサプリメントや、しじみエキスを活用していくことが必要なのだ。

Copyright(C) 2013 体に良い貝類の食べ物 All Rights Reserved.